新着情報

2016年 9ボール世界選手権 川端 聡プロ ベスト64に進出

2016年 9ボール世界選手権 途中経過
JPBAから出場8名
ベスト64に残ったのは、川端 聡プロ・赤狩山幸男プロ・羅 立文プロの3名で
ただいま試合中です。

13606445_1155233127855809_7670048884937319619_n
カタールでの試合風景

1470133288342
アダムジャパンの世界選手権会場ブース。

13631464_1155223114523477_1956323828525841931_n
会場でのアダムジャパン関根沙織社長とアダム専属 李 佳プロ

アダムvsユニバーサルコリア親善試合、男子浦岡プロ優勝

7月22~24日、韓国はソウル市内のビリヤード場で、『ADAM-UNIVERSAL 対抗戦』(正式名称が長いため省略しました)が開催されました。
女子は日本、韓国、台湾、フィリピンから計11名が参戦。キム・ガヨン、周捷予、チェスカ・センテノ、魏子茜などもエントリー。優勝賞金は60万円。男子は日本4名、韓国4名の計8名で優勝賞金50万円。
フォーマットは女子7先、男子9先の9ボール交互ブレイクです。
日本からは、梶谷景美(Adam/Mecca)、曽根恭子(Eggway/Adam/Kokokarada)、野内麻聖美(Adam)、浦岡隆志(Adam)、高野智央(Adam/justdoit)、杉原匡(Adam)、岩瀬賢吾(Adam)の計7名が参戦しています。
最終結果は、以下の通りです。

男子優勝 浦岡隆志プロ
2位 ジョン ヨハンプロ
3位 高野智央プロ
3位 杉原 匠プロ
女子優勝 周捷予プロ
2位 キム・ガヨン
3位 リム ユンミ
3位 魏子茜

0P1070068
女子優勝 周捷予プロ 男子優勝 浦岡隆志プロ

1469257487175
日本勢7人の写真

お疲れ様でした。

第52回都道府県対抗戦埼玉Aチームが来社

7月23日都道府県対抗戦埼玉Aチームが来社、
優勝カップ、旗など見せてくれました。
アダムより優勝記念品がアダムジャパン髙平睦生会長より贈られました。

5707648_o-1050x700
優勝したときの埼玉Aチーム

IMG_0260
同じ埼玉県に本社工場があるアダムジャパンとしては、うれしい限りです。

来年も優勝目指して頑張って下さい。

第一回アダムジャパン(日本)VSユニバーサルコリア(韓国)対抗戦

7月22日(金)から24日(日)まで行われる
アダムジャパン(日本)VSユニバーサルコリア(韓国)対抗戦

男子8名(韓国4名・日本4名)総当りリーグ戦 ベスト4よりシングル
女子10名(フィリピン1名・台湾2名・韓国4名日本3名)の
総当りリーグ戦 ベスト4よりシングル

男子優勝金額 約50万円
2位 約 25万円
3位 約 15万円
3位 約 15万円
以下最低 約 10万円の保障

女子優勝金額 約60万円
2位 約 30万円
3位 約 15万円
以下最低保障 約10万円

1469257487175
アダムジャパンチームと関根社長(監督)

1469243251487

1469243240432
特設会場から変更になりましたが皆さん頑張って下さい。

本日2日目に入っています、最終結果が出ましたらご報告いたします。

第29回ジャパンオープン優勝は、男子土方隼斗プロ、女子栗林美幸プロ

男子決勝は土方隼斗vs栗林達7月18日(月-祝)、東京・竹芝の『ニューピアホール』特設会場に大勢のギャラリーが集まる中で決着した、国内最大のオープン戦『第29回ジャパンオープン』の男女決勝。今年は男子テンボールで土方隼斗プロが3年ぶり・2度目、女子ナインボールでは栗林美幸プロが8年ぶり・3度目の優勝を果たしました。

P1070012
優勝は、男子土方隼斗プロ、女子栗林美幸プロ

16jocbnt_men
男子決勝は日本人どうしの土方隼斗プロvs栗林達プロ

唯一アダムジャパン専属の木村真紀プロがベスト4でした。

観客席からも声援があり大いに盛り上がりました。

ビリヤードのトリックショットショーイベント、『ビリヤードの夕べ』

7月15日(金)の夜、「外国人記者クラブ」とも呼ばれる『公益社団法人日本外国特派員協会』がある東京・有楽町の『電気ビル』20階にて、ビリヤードのトリックショットショーイベント、『ビリヤードの夕べ』が開催されました。

fccj_enter_th
入り口にはこの場所で会見をした著名人の顔写真がズラリと並び
この外国人記者クラブで国内外の政治家などの著名人、学者などの会員向けの記者会見を行っている様子を誰しもが、テレビなどのメディアで目にしたことがある
歴史と品格ある会場で、今回のイベントが開催されました。

fccj_nouchinagaya_th

大きな旗が吊られた協会内のスペースの中に、ビリヤードテーブルが設置され、長矢賢治、野内麻聖美両プロが登場。長矢プロが多種多様なトリックショットで会場を沸かせ、野内プロがマイクを握ってMCとして会場を盛り上げながら時には素晴らしいショットで来場者達を魅了していた。

fccj_nagaya_th

fccj_table_th

また、トリックショットショーだけに留まらず、競技としてのビリヤードの紹介やご来場された方々に実際にキューを握ってもらっての体験もしていただきました。
ご体験いただいた方々はビリヤードの経験などはほぼないようでしたが、プロの華麗な技に魅了されつつ、普段、機会のないプロとの交流を楽しんでおられました。
アダムジャパンも、キュー製作の過程の紹介や商品の紹介などもさせていただきました。

第36回関東オープン 男子はフィリピンのジェフリーイグナシオプロ、女子は平口結貴プロ

7月3日(日)に『バグース六本木店』にて行われた『第32回関東オープン』と『第24回関東レディースオープン』はともに若い力が結果を出した。
男子はフィリピンの23歳、ジェフリー・イグナシオが、女子は18歳の平口結貴がそれぞれ大会初優勝を飾る結果となった。

0P1060935[1]
男子優勝のジェフリー・イグナシオプロと、女子優勝の平口結貴プロ

kantoop_mpriz_th
左から、3位タイ・オルテガプロ、優勝・イグナシオプロ、準優勝・土方プロ、3位タイ・羅プロ

kantoop_lpriz_th
左から3位タイ・夕川プロ、優勝・平口プロ、準優勝・藤田プロ、3位タイ・藤井プロ

1467864081897
アダム勢は唯一女子でヒルヒルで優勝を逃した藤田知枝プロ

選手の皆さんお疲れ様でした。

FCCJ ビリヤードの夕べ 長矢プロ・野内プロ 2名でトリックショットを行います。

公益社団法人 日本外国特派員協会 主催
FCCJ ビリヤードの夕べ
会場 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気 北ビル 20F

2016年7月15日 (金)開場 18:45 開演 19:00
FCCJで始めてプロスポーツとしてビリヤードを皆様にご紹介いたします。
ビリヤードは2024年のオリンピックを目指し、IOC(国際オリンピック委員会)
承認の国際球技連盟に加盟してオリンピックの正式競技として候補になっています。
今回はJCCJにビリヤードテーブルを持ち込みまして素晴らしい妙技を2名プロで
披露します。そして数名の方にトリックショットなどレクチャーし実際に体験して頂く
コーナーも用意しております。
会場はメインダイニング使用のため、ドレスコードはスマートカジュアルです。
例えばですが、 短パン、カーゴパンツ、Tシャツ(女性は除く)、サンダル(女性は除く)等はNG。
ジャケット着用が望ましい.
通常はメンバーしか入れない格式ある会場です。

料金:3,500円(税込み)軽いブッフェ料理とドリンク1杯付
満席が予想されますので、ご予約はお早めに電話でフロントへ03(3211)3161または
On-lineでどうぞ。24時間以内のキャンセルはフルチャージとなります。

_MG_0622
長矢賢治(ながや けんじ)アダムジャパン専属
1947年生まれ

年 7期生プロテスト合格
1975年 全日本ローテーションオープン優勝
1981年 第一回アーティステッイク選手権優勝
1986年 全日本プロ選手権14-1優勝

PB258611
野内麻聖美(のうち まさみ)アダムジャパン専属
2008年 第16回セントラルレデースオープン優勝
2013年 第21回関東レデースオープン優勝
2014年 北陸オープン女子優勝
2016年 九州レデースオープン優勝
メガネプロとして有名

ADAM EMERALD CUP 優勝は肥田緖里恵プロ

2016年7月3日に、ビリヤード小林で行われたアダム・エメラルドカップは
5点2セット先取りWイルミネーションで行われ、
決勝は、前回優勝の深尾典子選手VS肥田緖里恵プロの対戦となり
前回のリベンジを果たして、肥田緖里恵プロの優勝でした。

優勝 肥田緖里恵プロ
2位 深尾典子選手
3位 東内那津未プロ
3位 林奈美子プロ

IMG_0166
優勝の肥田緖里恵プロ

IMG_0210
入賞者

IMG_0134
ベスト8の同時スタート

イベントカレンダーを変更しました。

ホームページでイベント情報をお知らせしていますイベントカレンダーを見やすく、
ご使用しやすいものに変更しました。

ぜひ、スケジュール確認などにお役立て下さい。

カレンダーはトップページの右側または、コチラからどうぞ。

calendar

 

 

 

 

第28回ハウステンボス九州オープン

月4日〜5日(土・日)、『第28回ハウステンボス九州オープン』が、長崎県のアミューズメント施設『ハウステンボス』内特設会場にて開催された、土方隼人プロがこの大会5回優勝の川端 聡プロを下し初優勝。
アマ・プロ選手合わせて155名参加し、盛大に行われました。
一番の盛り上がりは、河原千尋(女子プロ)がベスト8に入ったこと。
アダム専属の川端プロは、土方プロに6連マスを出されて準優勝でした。

優勝 土方隼人プロ
2位 川端 聡プロ
3位 栗林 達プロ
3位 倉内秀介プロ

kyusyu06_winner[1]
優勝の土方隼人プロ

kyusyu06_kawabata[1]
準優勝の川端 聡プロ

新発売 MUGENシリーズ Solid 8 VI 標準装備

MUGEN-20160407

solid-8-VI

コンテンツ